さよならサブカルチャー
もすやまさんだよ
プロフィール

もすやまさん

Author:もすやまさん
続かないブログこそ正義だぞ



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I Hate DISCOOOOOOO!!!
11月3日(火)
Last Party@さいたまスーパーアリーナ

参戦してきた。
いつもライブのあとはツイッターでサイコーだったとかいう
ボキャ貧ツイートで終わってたけど
なんか今日は睡眠を削ってでもこの余韻を書き記したいと思って
ブログに久々にログインした。


といっても見たバンドについて感想を率直に述べるだけだけど。


凛として時雨

高校から知ってたくせに初めて見た。
DISCO FLIGHT絶対やってくれると思ってた。
かっこよすぎる・・・
TKのギターがまじでやばい。
あと噂どおりピエールのMCがギャップありすぎてワロタ。
345ちゃんは一切喋ってなかった・・・残念
TKまじかっこいいに尽きる。ちょっと遠くてドラムのスゴさがよく見えなかったのが残念。
でも音数がおかしい、音圧がどう考えても3ピースじゃない
演奏で魅せる一発目にふさわしい感じ。
高い声に始まり高い声に終わる。笑

dustboxはおなかすいたのでご飯食べてたw

the BAWDIES

安定のイケメンさ
ほんま全員かっこいい
とまあミーハーみたいなこめんとやけど
音が大好き
グルーヴって単語がぴったり合う
あんま複雑なことはしてなくって
誰もが踊れる感じ
あと安定のHOT DOG前のMCの謎さ。
3匹の子豚、パーマ液まじで意味不明で笑う。
推しはマーシーやけど、
JIMのギターの弾き方はほんまに好き
楽しそうに弾きはるしよく消えるよね(☚視界から消えるw)


Syrup16g


さっきの熱気とは裏腹に
超~メンヘラで暗い感じに包まれて、
一気にシロップワールド。
これも昔から知ってたバンドやけど
初めて見た。
かっこよかった・・・
五十嵐さんギターミスってて可愛かったww
なんかプロがミスるとこ見ると逆にレア感ある(でもシロップは以下略)
ほんま見れて良かったかっこいいに尽きる
ちゃんと新しいCDきこw



9mm Parabellum Bullet

安心安定のセトリすぎた
でもモンキーディスコはやめていただきたかった
死ぬかと思ったww
この頃からもう最前ブロックは人だらけで後方におっても腕上げるのも大変なぐらい
こんなんでサークルモッシュとか起こったら大変なことになるのは
よくわかっている・・・
9mmはもう高校からのお友達、
大学4回生にして初めてライブ見たけど、
今やもう何回見たかわからんぐらい。笑
わからん曲はなかった!
さいきんトーキングやってくれないからサミシイゾ✩
9mmのファンって急激に暴れだすから怖いと思ってたけど
多分今やおれもそれになってる


サカナクション

ひさーびさーーーーーーーーーーーー!!!!!!
関東きて初めてみる
2年以上ぶり?
ただただかっこよかった
セトリ激アツ。
新宝島の山口さんがかわいかった。
踊りたいのにダンス踊れませんでした(人ごみやばかった)
サカナは新しい日本の音楽を作ってる感じ。
今、今日は出てないけどゲスとサカナが二強なんじゃないかなあとわしは思う。
なぜなら年配めの上司もバンド名知ってるから。笑
でもきょうは一緒に歌えて楽しかった
2年分曲をきっちり聴き込んできたからな!!



the telephones


いよいよ。
案の定アリーナは入場制限。
後ろでディスコしたほうが上からゆっくりメンバー見れるのではと
思ってスタンドに行ったが正解だったな。
メンバーの動きや演奏を見ながらするディスコは快適ディスコだった。
ディスコってもういつ叫ぶかわからんもんな・・・
寂しさ。
Keep your DISCOでなんか泣けてきた。
わしのディスコは続けられるのだろうか
電話が歌ってくれんと一緒にディスコなんて言えんわ
観客のみんなといっしょにディスコしないとディスコって概念は作れない

石毛さんが
自分がどんな音楽が好きかしっかり理解しよう
ミーハーな音楽の聞き方してたらミーハーな音楽が増える
みんながかっこいいバンドを求めたらかっこいいバンドが増える
って言ってたのめっちゃ共感した




最初にテレフォンズの曲に出会ったのは
奇しくも大学のサークル時代やってたバンドの対バン相手だった。
コピーしてたんやけど、
意味不明やしディスコばっか言っててようわからんけど
曲はかっこいいなあって思ってた。
そのあとなんかするとかはなく、電話のコピーであるとかもしらんかった。


ある日、ようつべで曲漁りしてて、
I Hate DISCOoo(以下略)のPVのサムネ画面がまた謎で
なんやこれと思って聞いて衝撃
かっこよすぎるなんだこれは
んでどっかで聞いたことある(それが前述のコピーバンド)
そしてYeah Yeah Yeah
A A U U O O O
Urban DISCO
Monkey DISCOO(以下略)
と続いてった。

わし、誰にも影響受けずに自分でいいと思って見つけたバンドって
ほんとに大事にしてるんやけど、
電話もそのひとつだな。
グッズにもだいぶ貢いだ。



なんか言葉にするとなかなかまとまらない・・・


でもサカナの山口さんも言うてたけど、
わしもじきにすぐ戻ってくると思う

だからゆてあんま寂しくない!



どっかのV系バンドさんは復活する気配ありませんけど!!!!
まだ俺待ってるからな!!
バンギャメイクして行くからな!!








と話がずれた

電話のライブを見たのは
2012年のラシュボか。
ノブさんの動きがやばすぎて爆笑してた記憶。
そしてベタベタ触った記憶。

んで大阪芸大のライブにも行って、
石毛さんと握手してもらって、
めっちゃ対応よかったのを覚えている・・・
「ずずずうzzっずっと応援してますうううううファンですううう」
「ありがとう!今日よろしくね~✩」って。
(たぶんあんとき隣にノベンバーズの小林さん居った気もするけど
石毛さんに握手してもらって興奮して小林さんにもしてもらいそびれた)


はあいま埼玉に住民票置いてるけど
運命やな(??)


他にもいろいろある気がするけど
全て言わぬも趣があるだろう。
好きになって4年ぐらいやけど、思い出がありすぎるね。
ふっふ。




ありがとうディスコ・・・
またいつかディスコを言わせてくれ・・・


スポンサーサイト
毒々しさ
嫌いなものを挙げるより好きなものを挙げる方がいい。


嫌いなものを挙げると昔は切りがなかった。
今はなんでか好きなものを挙げていく方がぽんぽん出てくる。


数年前の私は擦れに擦れていた。
ちょっと変わった私っていいでしょ、だとかそういう気持ちもなきにしもあらず。


でもなんか今は変に落ち着いた。
トゲトゲしさを失った、とでも言おうか。
なんとかなる精神が強くなった。





********


小耳にはさんだのが(2chのスレで)
人間の思考抑制力が働く脳のある器官(海馬??)が
25歳前後で完成されるというものだ。


昔はなんで大人って我慢したり言いたいことそんなに言わないの、
言えばいいじゃないと思ってたが、
年を取るにつれて落ち着くというのは人間の脳の構造上当たり前のことだったのだ。


バカッターだとかで喫煙アピールとか飲酒アピールして、また、LINEいじめ問題だとかで、
自分から人生破綻させてる若者がいるのは、これを発信することで自分がどういう影響になるのか
想像力がない、というメディアの真剣な顔した大人たちは批判していた。


仕方がないのだ。脳の構造上、自分の発言は言論の自由により、特に問題がないし、
別に言ったところでみんなも言ってるし。いいじゃん。
そういう思考の若者が居ても、変な話ではない。
ただそこできちんと悪影響を考え、自分に起こる影響を考えられるのかどうか、っていうのは
メディアリテラシーの程度は個人差で出てくるだけの話。
思ってるだけで発信するかしないかはその人によるってわけ。


それに想像力がないってのは語弊がある。
若い人は、逆に大人より想像力に溢れている。
圧倒的に大人より未来への明るい道、選択肢、希望が多い。


毎日毎日会社と家を往復するだけ、たまに飲みに出てはあ、明日も仕事か。を
5日繰り返したら土曜日は睡眠をたっぷりとって、日曜日はサザエさんを見て「明日から会社か」
を繰り返す、


こんな生活続けているとなんだか頭がおかしくなりそうだ。


まだ私は若い方だけど、昔の自分とはまた違う方向で擦れそうだと思う。
こんなのは嫌だ、こんな大人にはなりたくない、とは思いつつ、
そんななりたくない大人になりつつある。




*****



と思っていたのが秋。

新年が明けて、このままじゃいかんなあ、どうしようかと考えたときに
人の役に立つ仕事をしたいとは昔から思っていて、その原点を忘れていたなあと思い起こした。


人を人で動かし、人が会社を作っていくこの社会では、
人との関わりがないと全く生活ができない。


人と毎日関わり、理解し、過ごしていく中で、
なんだか、あいつ死ねよとかうざいわとか思っていた負の感情が全然なくなってきた。
(仕事疲れた嫌だはあるけど。)


よく言えば、、、、とくにないが、
悪く言えば無関心、人を批判することに興味がなくなった。


別にそれで自分に悪影響を与えなければそれでいいし、
与えられるなら与えられるで別にそれで死ぬわけじゃないし。



何事も自分の原動力が
なんとかなる
から
「死ぬわけじゃないから」なんとかなる。

になったことに気づいた。

仕事ミスしても死ぬわけじゃないしな~
って思うようにするとなんかふと楽になった。


人間は自分本位だ。
私は性悪説を信じている。
だから、自分さえよければそれでいい。



好きなことをして楽しく生きればそれでいい。
悪いやつはほっとけばいい、


トゲがなくなってしまったのは悲しいこと?嬉しいこと?


でも、社会人って、思ってる以上に甘くないんだ。




蝉とコオロギ


昼は蝉が鳴き、夜はコオロギが鳴く。
そろそろ夏が終わって秋がやってくる。
そんなことを感じる2014年8月最後の夜。

*********************************


写真を整理していた。
気づけば沢山溜まっていて、みんなの表情を見て幸せな気分になったり、
あーこんなことしたなあって思い出して懐かしんだり、
このライブあかんかったなーって苦笑いしたり、
このあと喧嘩したなあとか思い出したり、

写真で受けるような目で得る情報は凄まじく、
嗅覚も、聴覚も、五感全部働かせて脳に直接信号が送られて
いろんな感情が沸き起こる。


*********************************


今年の夏はフェスに2回行った。
泥んこになった靴や長靴を洗って、楽しかったなあって思い出して、
落としてドロドロになってしまった携帯カバーも買い替えて、
そういう行動もいつかまた記憶を思い起こさせるカギになるのかもなあ


*********************************


最後の煙草が消えてしまった。
これもまた、私の嫌な感情を思い起こさせる、きっかけ。

秋になると、ある曲を聴きながら、煙草を吸いながら、いろいろ考えてた頃を思い出す。

MANGA SICK/NUMBER GIRL





おやすみなさい。
カサブランカ・ダンディ
社会人になって初めて書く。

半年たったけど、社会人向いてないんだろうなって感じがする。

早くも仕事辞めてる友人も中には居るし、
自分の人生の意義がよくわからなくなってきた。

毎日20時やら22時に帰ってただぼーっとテレビ見るだけの平日。
休日は昼まで寝て音楽聞いたり、ライブ行ったり、
友人と会ったり、買い物したり、好きな服と好きな化粧で出かける。

毎週毎週これだと、飽きる。



妹は歌手になるから、専門学校に行くらしい。
叶うわけないだろって突っ込んではいるけど、
好きなことして生きてる感があってうらやましい。


普通に受験して、進学校(笑)な高校に行って、
塾行かずに自力で勉強して、旧帝大に現役で受かり、学費も免除で、無事大きな会社に
入ることが決まって、ストレートで卒業。



客観的に見て、つまらなさすぎる人生。


このままいけば、28とか29歳で結婚して、良い年齢で子供も生んで、
専業主婦になって家で過ごす人生が見える。



大前提として安定が一番だけど、好きなことして生きてる人がうらやましくもある。




もうちょっと刺激が欲しい。
毎日上からの指示をうけて仕事するだけの毎日。
給料もらえる分、当然のことだけど、
それでもなんかやりがいがあまりない。


一番下っ端だから、会社動かしてる感がないからイライラするんだろう。


これを乗り越えたらきっと好きな仕事に就けると信じているけど、
いろいろ将来就きたい部や、やってみたい仕事を、まあ花形部署だからってのもあるだろうけど、
「社会なめてる」って言われて
非常に腹が立った。


ほおっておいてくれ、
別に勉強好きじゃないから院にも行く気は一切ないし留学も行っても勉強したくないからムダ金だし、
だからといって仕事で成功したいという気も一切ない。


適当でいい。

肩肘はって壊れかける自分を何度も経験したから、
段々自分の人生なりゆきでどうでもいいやって感じになってきた。
その結果おもしろくない日々を送ることになってしまった。



************************




昔々、わたしは漫画家になりたかった。
画力はないけど、絵を描くのが好きだった。というか、今も好きだ。

小学生の頃、高い金出してもらって、トーンやら原稿やらGペンやら、
漫画用具を一式買ってもらい、漫画を出版社に投稿して、小さく名前が載ったことがある。

多分送った人全員載ってるんだろうけど、
嬉しくて嬉しくて自慢しまくって、まだそのページの切れ端がどこかの引き出しの中に残っている。


もう引っ越しの時に邪魔だから、って棚いっぱいになるぐらい書いた漫画も捨ててしまった。
絵を描くのも、大学に入ってから一切しなくなった。


************************






大学に入ってからは、音楽にもっぱらハマって、
バンドバンドバンドバンドライブライブライブな毎日だった。


音楽のセンスは正直ないと思う。
歌も中途半端だし、ギターも中途半端。

バンドを組んだからには、オリジナルバンド組んでロックシンガーみたく
売れてみたいという思いは人並に合ったけど、
そんなことしたところで…という思いの方が強いから、
なりゆきに任せて4年経ってしまった。




************************








今何がしたいのかよくわからない。

全部がつまらない。








************************




部屋のクローゼットの奥底に、まだ漫画用具一式がある。

引っ越しの時に捨てる?と言われてどうしても首を縦に触れずに
使うこともないだろうのに、埼玉に持ってきてしまった。



インスピレーションが昔ほどさえなくなってしまった。
昔はどんどんどんな絵が描きたいか思いついて楽しくて仕方なかったのに。

いつからそうなってしまったのか。





************************





今日はちょっと夜更かしして、
絵を描いてみようと思った。





卒業してしまう。



私は大学に入ってからずっと音楽、というと大層だな。ワイワイ楽しい「バンド」をしてきた。

ボーカルからはじめて、楽器が全くできないけど音楽サークルに入った。
途中でギターを始めて、今では胸を張って「ギターボーカルです」って言えるまで、
なんだかんだどっちもがんばってきた気がする。

幸いサークル員は相性のいい人が多く、幹部も任されて、わりと馴染めた方だと思う。



振り返ると、バンドの酸いも甘いも経験させてもらったなと思う。

ライブするのは楽しいし、だからといって別にバンドで飯食おうとも思わなかったし、
そこでいつも思うのが、

「なんのためにバンドしてるのか」


答えは、はっきり言おう、「自分とそれを見てくれるみんなが楽しむため」。


この答えは短絡的?私は違うと思う。
本当に奥が深い。

バンド、ライブは、思ってる以上に舞台に立つと練習と本番とは全然違うことが起こる。
どうしたって、経験がモノを言う世界だ。

練習をいくらつんでも、どんなうまい人でも、完璧ノーミスライブは難しい。人間だもの。
でも、観客思いのライブは絶対に失敗しない。


数えきれないほどのライブを見て、これだけは言わせてもらう。



上手いバンドと下手なバンドの大きな違いは、
オナニーライブか、そうじゃないか、それに尽きると思うんです。






プロのライブも大学から初めて見た。2回生の時。サマーソニック。
天下のレッチリ目当てに見に行ったが、もうあの衝撃がずっと忘れられない。


ずっとアマチュアのライブのだらだらぐだぐだMC、内輪でいいや適当でいいやとか
思ってた自分が間違いってことを気づかされた。



そこから狂ったように好きなバンドのライブを見に行き、金欠でもお構いなし。

なぜかって、やるからには真剣にやりたいというプライドとか、よくわからん自分の性格から。



数多くのサークルのアマチュアライブで
「あ~・・・」ってなるライブとか、「すごい、かっこいい、うまい」ってなるライブを見てきた。


多分、ほとんど私自身は前半の「アーーー」なライブしかやってないと思う。はっはっは。



にしても、本当に経験がモノを言うというのは言い得て妙、で、
ライブ見に行く数が増えるにつれ、こうやってライブに対する考え方が変わった。

多分5年後にはもっとすごいライブ見て、また考え方変わってるかもしれない。



でも、その2回生のサマソニからいろいろライブ見て、「ライブで観客を大事にしてるバンドは絶対良い」って
思うようになった。今の現段階ではこの結論。




まあ、要するに重要なのはパフォーマンス。観客の煽り方、とか。
下向いて棒立ちなんてもってのほか、ね。



でも、初心者は仕方ない。難しいことなんて最初から出来るはずない。
でも問題は、その「もってのほか」から毎日一歩ずつ進歩していけるかどうか、ってことなんだよな。









突然だが私のモットーは「なせばなる」。

高校受験ん時からずっと変わらない。
自分は天才じゃない分努力は忘れないようにしている。絶対後でいいことがあるから。
勉強であれ楽器であれ、練習は忘れない。まあ、それはバンド組ませてもらってるなら当然。


私のギターも歌もうまいなんて言えたもんではない。
下手の横好きとでも呼んでくれ。

でもギター大好きだし、歌も大好きだし、それは絶対に忘れないようにしているつもり。





もうひとつモットーがある。「一期一会」


数多くの人間がいる地球で、日本で、大阪で、大学で、このサークルで、
たったの4年しか居ないのに、
大好きなバンドのコピーバンドをいっぱい組ませてもらった。

すごい奇跡だと思う。
いつも感謝しまくり。



ありがとうって今更照れくさくて言えないけども。
バンド組ませてもらったみんなにこの場を借りてありがとうって言いたい。









音楽は、練習がモノを言うなんて、一応勉学が本業の学生にはなかなか厳しい要求だとは思わないか?


金かかってしゃあないし、うまくできなかったらイライラするし、

でもなぜかやめられない。なぜか?好きだからだよな。



そうやって素敵なライブいっぱい見て、感動したから、同じように自分も出来たらいいなあ、ってなるんだよな。


偉大なんだよなあ、音楽は。科学的にも、音楽の人間への効能(?)は証明されているし、
その偉大さの虜なんですよね。







えらそうにぐだぐだ書いたけど、
3月になって、ついに卒業ライブなる4年間の集大成のライブに出演させてもらうことになる。

1回生んときに先輩のを見て、先輩が泣いてて、
当時は泣くとかそんなになのかなーってあんまりぴんとこなかったが、
4回生の今ならちょっとオセンチになっても仕方ないかなって思う。


MUSIC QUSETにギター弾いて、歌を歌う。私と言う自分が所属してたってこと、
同期、後輩、はたまた院生の先輩に、忘れないでいて欲しいから、全力で最後まで、弾ききって、歌いきってみせたい。


そして、観客、同じバンドメンバーに何か感じてもらったら大成功。
うまい、下手くそ、こいつ何言ってんだウケる、とか、なんでもいい。感じとってほしい。

私がここにいた、このバンドでこの曲をした、って

少しでも、記憶の片隅に。



私はもう卒業するけど、忘れないでほしい。後輩も、先輩も、同期も大好きだから。






P.S.
今日は後輩ちゃんとカラオケに行って、SCANDALの「声」を歌った。
大好きなまみたすが歌ってる。歌詞に共感して、このブログ書こうかな、ってなった。

このブログを目にしたあなたも是非一度聞いてくれ。
あまり歌詞を気にしない私も歌詞に感動する数少ない曲。




「ねえ今あなたは私を覚えている?」

「強がって寂しがって それでも私は歩いていく」




もすお








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。